飼育中の未知数のライオンに襲われ21歳女性死亡 南アフリカ

ライオンに襲われ死亡
飼育中にライオン達に襲われ死亡した女性(21)

 

南アフリカ最北部リンポポ州で、民間が運営する狩猟動物飼養場で飼育担当者の女性(21)が複数のライオンに襲われて死亡しました。

地元のベラベラの警察によると、死亡したのはスワンズ・バンワイクさんは同施設に住み込みで働いていた。

悲惨な出来事が起きたのは、2月6日の午後に飼養場内で、バンワイクさんが仕事中にライオンに襲われたという。 連絡を受けた警察官と救急隊員らが対応し、到着するとライオンのいる檻の外で重傷を負ったバンワイクさんが発見された。

現場で救急隊員に死亡が確認された。亡くなった女性はまだ21歳で動物が大好きだったと言い、未知の数のライオンに襲われて殺害された。

ライオンは女性の体を切り刻まれていたと同施設の第一発見者が語っている。

警察は今回の悲しい出来事は予備調査が必要なため、現時点では詳細などは言えないと伝えています。

尚、今回は飼育されているライオンに女性が襲われて亡くなりましたが、ライオンは野生で生きる事が普通なのだと思います。 飼育目的が何かいろいろ有るみたいですが、人間の手でもう1度、野生で生きれる環境を作り、動物たちに返してあげて欲しいです。

南アフリカには現在、野生のライオンはわずか3,000頭しか生きていません。 狩りが禁止されている国立公園に住んでいます。

Rest in pieces. STOP to mess with nature.

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.