ウェスト・インディアンデイ・パレード 2021

 

 

NEW YORK- 夏の最後の祝日はレイバーデイ・ウィークエンドで締めくくります。 そしてその目玉とも言えるのがブルックリンで行われるウエスト・インディアン・デイ・パレードです。

 

The West Indian Day Parade

 

 

華やかな衣装を着てダンスする女性の姿はリオのカーニバル顔まけの派手さ、セクシーかもしれません。

 

 

このお祭りは、この地域に住む多くのトリニダード・トバゴ、ハイチ、ドミニカ共和国、セイント・ルシアと言ったカリビアンの島々からその昔、ニューヨークへやって来た移民、その家族らがお祝いする日となっています。

 

 

カリビアンの血を引くある女性は、ニューヨークで生まれ育ったけれど、この日のカーニバルでは自国を誇れる気持ちでパレードへ参加しているとテレビの取材で語っていました。

 

 

明るくて陽気なお国柄が見える、そして熱く情熱的なパレ―ドは、1969年にマンハッタンのハーレムで行われた「ウエスト・インディア・アメリカン・パレード」が始まりでしたが、今はブルックリンのクラウンハイツで同パレードが行われています。

ニューヨーク市で最大のイベントの1つとして知られているカラフルなパレードです。パレードは、何千人もの観客の前でカリビアンの衣装を身につけた人達がブルックリンの主要道路を通ります。

毎年、参道でパレードを応援する人が増え続け、人気のあるパレードですのでこの日はぜひ、ブルックリンのクラウンハイツへ出かけてみませんか?

イベント名:ウエスト・インディアン・デイ・カーニバル

ここ数年、レイバーデイカーニバルとも呼ぶ人もいます。(Labor Day Carnival)


費用: パレード見学は無料


日時: 2021年9月6日(月) 午前11時~午後6時


開催場所:ブルックリンのクラウンハイツ (地図


ウェブサイト: http://wiadcacarnival.org/

 

人気のパレードだが危険で犯罪が多いので注意

 

 

パレード当日は、ニューヨーク市警の警察官1500名以上が警備のために行進パレードルートの各場所に配置され警備にあたるほど、いろいろな事件が起きるパレードです。

 

注意:パレ―ドのある前夜から、溢れんばかりの情熱で祝い、エネルギーを炸裂する前夜祭。残念な事にパレード周辺で犯罪がとても多く起こります。 パレードを見に行く方は事件に巻き込まれない様に周りに注意して下さい。

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.