夜の5番街でリンツとゴディバのチョコレート

 

 

マンハッタンでよく見かける長いリムジンカー、レンタカーも出来るとの事。 レンタカー出来るなんてさすがアメリカです。 私もレンタカーしてニューヨークの街を走って欲しい。

 

5番街を歩いて、ふと立ち止まって見たら不気味な人形が飾られている。 赤ちゃんはやっぱり本物が可愛い。

 

店内入るといっぱいの人形が並んでいました。

 

ロシアの人形、『マトリョーシカ』の様な人形。

『マトリョーシカ』は願いごとを唱えて蓋をしておくと、願いが叶うといわれる木製の入れ子人形。

 

NYのストリート・カルチャー伝説のアーティスト. キース・ヘリングの絵が描いてあるバスが通過中。

 

スイスのプレミアムチョコレートブランド、リンツ「Lindt」の直営店、最近はアメリカのファーマシーCVSでも買えます。

 

お土産にするならリンツ店で買うと手さげ袋がリンツと書いてあるので良いですね。

 

5番街のリンツのチョコレート、思ったよりも種類が多いです。 店内に入って見たけれどサンプルはないそうです。 (笑)

 

こちらはゴディバ、ベルギーのチョコレートです、大きな苺にチョコレートのディップが有名で、昼間から夕方にかけては店頭で実演販売しています。

 

トリュフ チョコレート、少し買っても何千円。。。

 

ゴディバ名物のジャイアント苺チョコレートは、3種類のチョコレートがコーティングされています。

 

夜になって寒くなったので人があまり歩いていない。 気温15度。

 

夜になると電車の本数が減ります、特に11時以降は減りますが、ニューヨークの地下鉄は24時間運行しているので始発、終電はないです。

 

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.