ニューヨーク 「ステイ ホーム」キャンペーン、いつもとは違う感謝祭

 

ニューヨーク市は火曜日に、ニューヨーカーに次の休暇中に出来るだけ外出を控え、家にいるように促す公共サービスキャンペーンを発表しました。

感謝祭には多くの人が家族と共に時間を過ごし、集まる準備をし、普段会えない家族と会える事を楽しみにしている人も少なくないと思います。

ですが、保健当局はコロナウイルス感染の危険の急増に備えていますと述べ、ここ数週間の間、市内の検査場では、検査を求める人々の長い列が目撃されています。

多くの人は、親戚を訪ねる前にコロナウイルス感染の検査を受けていると調査報告をニューヨーク市は伝えています。

その理由は州によっては検査の義務を訴えているからです。

 

 

旅行を避けるように公衆衛生の専門家からの強い勧告にもかかわらず、多くのアメリカ人がまだそうするつもりであるという明白な兆候があります。

先週末、300万人以上の旅行者が米国の空港のチェックポイントを通過しました。

これは、3月のパンデミックが始まってから以来、最も忙しい週末だったそうです。

ニューヨーク州では現在、隣接していない別の州または国で24時間以上過ごした後、ニューヨークに入国する人には2週間の検疫が必要ですが、到着後にCOVID-19の検査で陰性となった旅行者は、早期に検疫を終了できます。

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.