ソーシャル・セキュリティー番号とは?

 

 

ソー シャル・セキュリティー番号という言葉をアメリカに来てから耳にする方が多いと思います。

このソーシャル・セキュリティー番号「Social Security Number 」 略(SSN)、とはアメリカ国籍の人、永住権を持っている人、労働可能なビザで働いている人は必ず持つ番号となります。

米国の個人所得税の確定申告(Tax return)は日本と異なり、自分自身で所得の有った翌年の1月から4月に行います。 その時、ソーシャル・セキュリティー番号で申告します。

米国の税務署=IRSは、ソーシャル・セキュリティー番号で書類を処理して行きますので、同姓同名であってもソーシャル・セキュリティー番号で取り扱うため、間違いが生じません。

F1ビザで留学中の人でもフルタイムの大学生や専門学生は取得可能、ただ、学校のキャンパス内での労働や定められた時間などがあるはずですので、学校のアドバザーへ相談して下さい。

また語学学校に通っている場合でも学校からのレターを書いてもらうと取得できたと言う人もいます。これに関しては各自、個人差がありますので学校側に相談してください。

米国では、戸籍謄本、抄本、また住民票がありません。

 

◆ソーシャル・セキュリティー・番号が必要な時◆

◆納税

◆銀行口座を開設する際に身元を証明するために使われる。

◆運転免許取得

◆アパートの賃貸契約

◆米国内で発行されるクレジットカードの申請

◆住宅ローン、車のローンなど

◆クレジットヒストリー

 

◆ソーシャル・セキュリティ-番号と雇用ビザは別の物◆

1990年代の前半までは、ソーシャル・セキュリティー番号の発行は語学学校を通う学生も取得が出来ました。その頃にソーシャル・セキュリティー番号を取得された人は、雇用ビザ、永住権を持っていなくてもソーシャル・セキュリティー番号は持っている。という事になります。

ただし、ソーシャル・セキュリティー番号=雇用ビザではないため、ソーシャル・セキュリティー番号で税金の申請は出来ますが、合法で働けるという意味ではありません。

※求人広告に書いている”要SS”とは、ソーシャル・セキュリティー番号が必要、納税出来る人を募集している。という意味です。

オフィシャル・オンラインホームページ

■ 申請書=Application Form SS-5

◆ オンライン上でアカウント申請するとオンライン上で自分の納税状況が確認出来たい、退職後のソーシャルセキュリティーの金額が確認出来ます。

https://www.ssa.gov/myaccount/

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.