盲目の象へ「清しこの夜」を演奏する男性が話題に タイ

 

タイに住むポール・バートンさんがピアノ演奏するサイレント・ナイト(清しこの夜)を傍で聴いているのは盲目の象のラム。

ピアノ演奏するポールさんと象のラムの姿が話題となっています。

ポールさんと一緒に映っている象のラムはポールさんと日頃から仲良し。 今回のクリスマスの曲以外でもYouTubeで何本かの映像を見る事が出来ます。

ポールさんはタイの西部のカンチャナブリ州で8年間、動物のための退役療養所であるエレファント・ワールドで音楽で象の心を癒し続けているそうです。

タイでは象に乗って観光する観光アトラクションなどが今でも盛んに行われ、年老いた象が退職した後に同施設でゆっくりとした時間を過ごしているそうです。

動物福祉団体World Animal Protectionによると、タイ、カンボジア、インド、ラオス、ネパール、スリランカの観光地で約3,000匹のゾウの約80%が貧しい生活環境や食生活の中、時には厳しい暑さの気候の中で働いていると伝えています。

 

Piano for Elephants 盲目の象へピアノ演奏、清しこの夜 

 

この施設で生活する象たちは、肉体的な病気には栄養度の高い食べ物と治療を受けますが、象たちは音楽をとても愛しているように見え、それは特別な治療方法だと言えます。

 

Piano for Elephants 盲目の象へピアノ演奏、清しこの夜 

 

同施設のエレファント・ワールドの人々は「象はポールさんの事を決して忘れない。」と口を揃えて言うそうです。 それはポールさんがどれだけ象へ愛情を注ぎ、クラッシック音楽で心を癒しているかを象が1番知っていると語っています。

 

https://www.feurich.com/

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.