トランプの弾劾裁判を違憲と見なすという、ランドポール上院議員の論点を拒否

 

 

上院は、55-45の投票により、トランプの弾劾裁判を違憲と見なすという、ランドポール上院議員の論点を拒否しました。

弾劾裁判は進行されますが、これは上院が有罪判決に必要な67票を持っていない可能性があることを示しています。

もしそうなら、トランプぜん大統領を有罪とする弾劾手続きは失敗するでしょう。

ランドポール上院議員は、45名の上院議員がこの見せかけの裁判は違憲であると同意したのです。
これは、無罪を勝ち取り、最終的にこの党派的な弾劾プロセスを終わらせるために必要です、と述べました。

続いては、バイデンの長年の補佐官で、元国務副長官のアントニーブリンケン氏が上院によって、国務長官であることを認められました。

ブリンケン氏は、国際同盟を弱体化させたトランプ政権の、アメリカ第一主義は、政治的な外交を覆すといったバイデン大統領の公約を実行し、今後任務を追行するそうです。

続いては、昨日の動画でもお伝えしましたが、トランプ氏の元補佐官が運営する、オフィスオブざっフォーマープレジデント、日本語で、もと大統領オフィスは、今後のトランプ氏の活動や講演などを管理するために設立されたものです。

トランプ氏の新しいスローガンは、Save America、アメリカを救う、です。

オフィスを設立発表のトランプ氏の声明で、永遠にアメリカ国民のためのチャンピオンであり続けるだろう、という言葉で最後を締めくくっています。 なかなかカッコイイ言葉です。

 

 

次の話になります。

1月13日、トランプジュニアは、インスタグラムに投稿した動画で、マスク氏に「言論の自由を救う手助けをしてほしい」と呼びかけ、「イーロン マスクが個人的に人々を宇宙に送ることが出来るならば、偏見のないソーシャルネットワークを設計できると確信している。

多くのアメリカ人はそれを愛し、心から支持してくれるアメリカ人は沢山いると思います、とメッセージで呼びかけていました。

マスク氏が正式に発表した記事はまだ見当たりませんが、もし、作ったとすると、開始する直前に発表するのかもしれません。

マスク氏は携帯電話を作る事の方に新たな野心を燃やしているという報道もあります。

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.