シカゴでは極渦、南極大陸の一部よりも気温が低下、ニューヨークも寒波

シカゴでは、南極大陸の一部よりも気温が低下、ニューヨークも寒波

 

29日、米国は北極圏から流入した冷たい空気による猛烈な寒波に見舞われている。

氷点下の気温は米中西部全域に広がり観測され、東海岸にもこの寒波が広がりつつあると注意を呼び掛けています。米国立気象局(NWS)の予報によると、30日までには中西部全域で気温が氷点下23~40度まで低下すると予想しています。

米国の天気予報を伝える番組では、人命に関わる恐れがある寒さだと警告していいます。

あなたが25歳以下の場合は、「これまでにこの寒さを感じたことはありません」とCNN気象学者のTom Saterは述べています。 その言葉通り、ここまでの寒さは25年振りの到来。

この大寒波は、通常は北極の上空にある「極渦」と呼ばれる強力な気流の渦によって極地域に閉じ込められている冷たい空気が、極渦を離れて南下したために引き起こされたもの。AFP

 

大都市シカゴでは、南極大陸の一部よりも気温が低下するとの予報され、そのため住民が暖を取れる場所が約160か所に開設され、ホームレスの人へ呼び掛けました。

 

2017年の冬、イーストリバーの表面が凍り、 Fox News

 

凍結後のナイアガラの滝

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.