ペンス副大統領の勇気と行動に注目

 

1月6日は、ペンス副大統領の勇気と行動に全てが掛かっていると言われている日です。

あくまで、合法であり、強硬手段を行い、トランプ大統領を勝利に導く方法を多くの米国人が、議論しています。

憲法1887に基づいて、ペンス副大統領が行える事は、不正選挙が明らかに行われた州からの、封筒を開けずに却下する事。

そうする事で、投票数で親ビンが、勝つ事になる。

共和党のルイ・ゴーマート議員とその他数名の議員が、ペンス副大統領を起訴しました。

今回原告となった、ルイ・ゴーマート議員らは、ペンス氏を起訴した理由は次の通りです。

1月6日、 ペンスの独占的権限がある事を命令するよう求め、ペンス副大統領は、不正のあった州の選挙人の投票を数に入れるか、入れないかという選択が出来ます。

ペンス副大統領は、明らかに不正が有った州の選挙人からの封書を開封せずに、トランプ大統領の再選を導く役目になる、その方法を原告の共和党議員らは望んでいます。

この1月6日という日は、ペンス副大統領にのみ与えられた権限で行使する事が出来る場となる訳です。

テキサス州、ゴーマート議員は、憲法1887に基づいて、ペンス副大統領は、1月6日に明らかに不正が行われた州からの封筒を開けずに却下すればいい事だと述べています。

起訴の公聴会は、テキサス州の東部地区連邦地方裁判所で行われる予定です。

裁判官は、トランプ大統領が任命した、ジェレミー・カーノドル判事です。

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.