ワン・ワールドトレードセンターにメタルの壁アート誕生

 

ワン ワールド トレード センター

 

2年前、ニューヨーク市を本拠地にしている不動産業のシルバースタインプロパティー社が、ストリートアーティスト達に声を掛けたのがキッカケとなったこのプロジェクトは大きな反響を呼んでいます。

同社はアーティストに描く場所を提供するという発想から1ワールドトレードの前のメタル製の壁にアートを描く事を決めた様だ。 大昔の5ポインツのオーナーも同じ考えで最初は場所を提供していたという。

 

ny-downtown-art

 

5ポインツは消えてしまったけれど、ダウンタウンで新しいアートシーンが生まれた様だ。

同社の代表のラリー・シルバースタイン氏は、2001年、旧ワールドトレードセンターの賃貸契約権を99年間という長い年月を獲得している。

1ワールドトレードセンターの持ち主と言ってもいい程、実際にそれに近い存在の人物。 だからこそ、アーティストに描いていいよ。と言える権限を持っている。

さて、ここで実業家のお話はさておき、選ばれたアーティストが、1ワールドトレードの前のメタルの壁に絵を描いたその絵を見て来ました。という話です。

 

 

そびえ立つ1ワールドトレードは、2014年にオープンし、世界で6番目に高い建物として登録されています。 (2018年8月現在)

 

ワールドトレードセンター

 

シルバースタインプロパティー社とニューヨークとニュージャージーの港湾局が提携して、才能のあるアーティストの展示する公共の場を与えました。

彼らの新しいキャンバスは、コルゲートメタルのコレクションです – ローワーマンハッタンに5ポッツの雰囲気をもたらしていると人々は言ってます。

 

 

 

ブサ可愛いい印象的なアート作品が迎えてくれます。

 

 

1ワールドトレードセンターの場所

 

ニューヨークでの留学を考えているなら格安で優れたプログラムの学校を!

高い値段のホテルよりゲストハウスで滞在したいニューヨーク旅行

 

 

こんな記事も読まれています

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.