ニューヨーク市、新年から飲食店等のスチロール製容器の使用禁止

 

ニューヨーク市では、新しい年と共に新しい法律が2019年1月1日より施行されました。

先ずは、飲食店でお持ち帰り用の発泡スチロール容器廃止。

2019年にデブラシオ市長は、市内のスチロール容器の新しい禁止法を記者会見で述べ、微生物で分解できない、生物分解が不可能なプラスチック製の物は使えないという法律。

世界中で環境汚染問題に直面している中で、米国の都市で実施されるプラスチック容器と用品。

 

禁止となる物は以下の写真の通りとなっています。

 

※発泡スチロール、合成樹脂素材の一種で気泡を含ませたポリスチレンの使用禁止。

※生肉用の生肉を入れるために使う容器は使用可能。

※発泡スチロールは、微生物で分解できない、生物分解が不可能な物なので、禁止。

takeout containers テイクアウト用に使われていたプラスチック製の容器の使用禁止。

 

禁止されたスチロール製のカップ

 

plastic foam coffee:コーヒーなど温かい飲み物によく使われていた容器も禁止。 紙製で補うしかありませんね。

 

 

packing peanuts:梱包に使われるスチロールは使用禁止。 他州から送られて来た場合はどうなるのでしょうか? また、ごみに出せるのか?という問題は?

 

今後はスーパー等で貰えているビニール袋の有料化、または廃止、そしてプラスチック製のストローの使用禁止など、環境汚染を今止めないと大変な事になると言われています。

じゃあ、捨て方に問題のあるマナーのない取り締まりの強化もお願いしたい。

 

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.