自由の女神博物館 リニューアル オープン!

 

自由の女神美術館

 

リバティー島の自由の女神博物館が改装リニューアルされ、5月16日に一般公開されます。

改装工事期間は費用の予算の都合上。予定より長引いて2年以上の月日が流れてしまいましたが、1憶ドルの費用を掛けた改装工事で美しく生まれ変わりました。

 

自由の女神美術館がリニューアル

 

博物館の敷地面積は、広さ26,000平方フィート、内15,500平方フィートが内部。

建物に入ると、訪問者は最初にスタンディング・ルームシアター(立見)に遭遇します。そこで、自由の女神像の歴史についての10分の映画が特大の湾曲したスクリーンに映し出されます。

博物館の内部は、床から天井までの広大な窓で、明るく贅沢なギャラリーとなっています。

1984年に水害による損傷でオリジナルの松明は、2年後にレプリカと交換され、交換されたオリジナルのトーチが展示されています。

 

自由の女神美術館がリニューアル

 

自由の女神が立っている島はリバティー島、そして博物館はリバティー島の最右端に所在します。

 

自由の女神美術館がリニューアル

 

空間のあるスペースでゆっくり展示写真を見る人々。 だが、実際にリニューアルオープン後は人が訪問するため、この写真程はゆっくりと見れる隙間はないと思いますが、それだけ人気の博物館を予測されている様です。

 


自由の女神博物館の中をAPが撮影した動画(解説英語)

 

 


自由の女神博物館が完成するまでの動画

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.