モイニハン・トレイン・ホール (ペンステーション)

モイニハン駅

 

2021年1月1日、約3年の工事を終えて開通した駅舎、モイニハン・トレイン・ホール( Moynihan Train Hall) ペンシルベニア駅(通称:ペンステーション)。

 

 

モイニハントレインホール

 

 

ペンシルベニア駅と地下道で繋がっているこのホールは、巨大で明るく、少しだけ空港の出発ターミナルに似た雰囲気でもあり、チケットオフィス、カスタマーサービスオフィス、券売機などの設備も充実しています。

アムトラック(米国内の電車)、ロングアイランド鉄道(LIRR)を利用される人にとって一変する事となるでしょう。

モイニハンはマディソンスクエアガーデンの下にある古いペンステーションに取って代わるものではないそうです。

アムトラックとロングアイランド鉄道の乗客は新しいモイニハン・トレイン・ホールにて乗車できますが、ニュージャージートランジットの乗客は地下鉄の乗客と同様に古いコンコースを引き続き利用する事となります。

 

 

16億ドルのプロジェクトは、NY州から5億5000万ドル、アムトラック、MTA、港湾局、連邦助成金から4億2000万ドル、合弁事業の開発者から6億3000万ドルの資金で賄われているそうです。

 

モイニハン・トレイン・ホール ( Moynihan Train Hall)

営業時間:5:00 AM – 12:00 AM

所在地:351 West 31st Street, New York, New York

タクシー乗り場は、31 Streetの8アベニューと9アベニューの間、正面玄関付近に有ります。

モイニハン・トレインホールは、既存のペンステーション複合施設の真向かい、8アベニューの西側に位置します。

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.