海外の治療費の一部を負担してくれる国民健康保険

 

海外での医療を一部負担してくれる国民健康保険

 

国民健康保険を維持しながら海外で生活している被保険者が海外で、病気やケガで治療を受けた時には、国民健康保険が適用されます。

治療を受けた後に医師から診療内容明細書に必要事項とサインしてもらい、市や区役所へ書類を提出します。

下記のリンクをクリックし、プリントアウトをして病院や医院へお持ち下さい。

●診療内容明細書(PDFファイル)

●領収明細書 医科、調剤(PDFファイル)

●歯科(PDFファイル)

●国民健康保険用国際疾病分類表(PDFファイル)

※20歳以上65歳未満の海外に居住する日本人は国民年金に任意加入することができます。

■日本で加入している国民健康保険(海外に転出届けを出して日本に住民票のない方は加入できません。)や社会保険から海外で治療を受けた医療費の一部が戻ります。

ただし医療費の全額を一時的に自己負担する必要があります。後日、日本で保険給付のための請求手続きを行うことによって保険給付金が支払われます。

★アメリカの場合、医療は日本と比べてはるかに高額医療費が掛かりますので、払戻金は、あくまで日本の医療費の基準で返金されます。治療費は国内の医療機関に かかった場合の保険診療料金を標準として計算されなおされます。ですから、必ずしもかかった費用の7割が戻ってくるわけではありません。

ですので、アメリカで支払った医療費全額が戻る事は先ずありません。 海外に滞在する場合は海外旅行者保険を掛けてご旅行に出掛けてください。

■日本国内で医療機関にかかった場合と同じく自己負担分(3割又は1割)として計算されます。 また、支給される疾病等の対象範囲は、日本国内で認められている医療行為、保険診療の範囲内での保険給付となります。

臓器移植、性転換手術、医療目的で渡航した場合は、医療費の趣旨に反するため保険給付の対象外となりま す。

また、健康保険はもちろん傷害保険ではありませんので、死亡・後遺障害保険金はなく、救援者費用など関連費用はカバーされません。

適応範囲:一般的な海外旅行傷害保険ではカバーされない既往症にある慢性疾患や歯科治療も対象となります。海外旅行傷害保険ではカバーされないケースで健康保険は役立ちます。

■申請時に必要なものは所定の用紙による領収明細書、診療内容明細書もしくは治療内容のわかる証明書類。

通常は受診したクリニック、病院の医師に記入 してサインをもらうことになります。また、外国語で記入の場合は翻訳文もつける必要があります。翻訳に関しては特に専門家に頼む必要はありません。ご本人 やご家族が行っても問題ありません。

■日系のクリニックによっては、はじめから日本語表記をしてくれるところもあります。ニューヨークで受けた手術ももちろん保険給付が受けられますが、先に述べたとおり日本の基準に当てはめて査定を受けます。

日本の保険診療基準に合った治療であれば、高度医療費控除の対象にもなるでしょう。ただし入院の場合ベット代などは最小限しかカバーされない可能性が高いです。詳しくは各市町村役所の国民健康保険課におたずねください。

【手続き】
海外で病気(ケガ)をして医療機関にかかる。→海外の医療機関でかかった金額をご自身が全額支払います。→その医療機関で治療内容、医療費等の証明書を書いてもらう「診療内容証明書」「領収明細書」等。

 

この制度は、2001年度より海外医療が申請により還付される事になりました。

 

 

こんな記事も読まれています

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.