IVAN らーめん

 

IVAN RAMEN

 

 

IVAN(アイバン)は、15歳のときに寿司屋で皿洗いの仕事をしたことから始まり、それはアイバン自身のその後の人生を形作ることになる、文化と料理に出会った事となりました。

彼は高校卒業後、コロラド大学ボルダー校で日本語と日本文学を専攻することを決めました。

卒業後、英語を教えるためにすぐに日本に渡り、日本のあらゆるものが好きになりました。

1990年に日本から米国へ帰国した、アイバンは、CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)に入学し、料理の勉強を開始したそうです。

CIAを卒業後、「メサ・グリル」、「ルテイス」、「レストラン・アソシエイツ」などのお店での経験を積み、大好きな日本で暮らすために東京に戻ったそうです。

それまでは、自分の好きな料理と日本を結びつけることなど考えもしなかったが、当時は、日本で食に関するビジネスを始めたいと思っていたが、どのような方向に進めばよいのか分からなかったと話し、当時を振り返り、アイバンさんは、料理学校、サンドイッチ屋、ピザ屋などの経営を考えていたそうです。

しかし、奥さんの提案でラーメン屋を始めることになったのです。

ラーメンがカルト的な人気を誇る日本で、アイバンさんは失敗に終わると思われた。がしかし、アイバンさんは成功しただけでなく、外国人としては前例のない、東京のトップラーメン店のひとつになったのです。

2010年には2号店となる「アイバン・ラーメン・プラス」をオープンしました。

2012年にニューヨークに戻り、東京の2店舗を継続しながら、母国でのビジネスを開始することを目指しました。

その間に、料理本『Ivan Ramen』を出版、2013年11月、600 11th Aveに所在するGotham West Marketにアメリカ初の店舗「Ivan Ramen Slurp Shop」をオープンさせ、多くの人で賑わい、高い評価を受けました。

その後、ニューヨークのローワーイーストサイドにある25 Clinton Streetに、アメリカでの旗艦店となる「Ivan Ramen」をオープンしました。

 

IVAN RAMEN

 

 

現在は「Ivan Ramen」のみの営業となっていますが、その評価は高く、雑誌やウェブサイト、ブログ、テレビ番組などで数え切れないほど取り上げられています。

アイバンさんは、アメリカの文化と日本の文化を無理なく融合させたことが、彼の強みになっています。彼は日本語を流暢に話し、日本の文化を深く理解しているので、日本とアメリカの両方の観客にアピールする商品を提供することが出来、成功した1人です。

2017年2月、アイバンさんはNETFLIXの大ヒットシリーズ「CHEF’S TABLE」に出演し、世界的に有名なシェフやレストラン経営者たちの仲間入りを果たしました。

この名誉により、さらに多くのラーメンファンが彼の店を訪れ、「アイバン」ならではの料理を提供し続けることでしょう。

 

https://www.ivanramen.com/location/clinton-st/

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.