米国の確定申告(タックスリターン)

 

 

米国で働いて収入がある人はインカム・タックス・リターン(確定申告)をする必要があります。 その対象となる人は、OPTでも同じで申告をする必要があります。

収入がある人は、申告を行うのが基本ですが、18歳未満の人は扶養者と一緒に申告します。

2021年分の個人のインカム・タックス・リターンの期間は以下の通りです。

 

申請期間:2022年1月24日~2022年4月18日(月)

IRSは、申告書の提出日付である2022年1月24日に開始され、4月18日を、ほとんどの納税者が連邦税申告書を提出する期限として設定しています。

 

連邦税申告書の作成に時間が必要な納税者

 

何らかの理由で4月18日以内に申請出来ない納税者は、2021年の確定申告を2022年10月17日まで行うことができます。

ただし、延長申告をしても、IRSへの支払い期限は延期されませんのでご注意ください。4月18日(お住まいの地域によっては4月19日)までに、遅延損害金を避けるために、見積もり金額を支払う必要があります。

延滞金を避けるためには、4月18日(お住まいの地域によっては4月19日)までに納税額の見積もりを提出する必要があります。

 

申告期間を延長申請する方法

 

申告期限の延長は、納税期限の延長を意味するものではありません。

ペナルティーの可能性を避けるため、税金を見積もり、通常の4月18日の期限までに納付する必要があります。

期間内に申告が出来ない人は、下記のIRSのサイトのリンクを開き、延長手続きを行う必要が有ります。

https://www.irs.gov/forms-pubs/extension-of-time-to-file-your-tax-return

 

あれもこれもニューヨーク 

ニューヨーク B級グルメ トルコ料理のギロサンドイッチ

ニューヨーク発の格安チャイナバス、ニューヨーク近郊の旅が激安!

ポートオーソリティ・バスターミナル発着のバス

日本人経営のニューヨークのゲストハウス&格安ホテル

ニューヨーク 空港送迎サービス 1978年創業の会社だから安心送迎

ニューヨーク観光パス、観光アトラクションが割安に!

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.