参列者1万人の正統派ユダヤ教の結婚式を阻止、クオモ州知事

 

米メディアの報道によると、ニューヨーク州のクオモ知事は10月17日、1万人規模で結婚式に参列する予定だった正統派ユダヤ教の結婚式を当局が中止するよう命じたと明らかにしました。

New York Times、New York Post、Daily Beastを含む複数のニュース報道は、計画された結婚式の場所がサトマール派ハシディズム派に属するシナゴーグである事を示す内容です。

ニューヨーク州では現在、新型コロナウイルス感染予防対策で、50人以上が集まるイベントの実施が禁止されています。

 

中止勧告を受けた結婚式は、月曜日19日にブルックリンのウィリアムズバーグで予定されていたらしく、誰かが情報をつかみ、当局に通告した事で調査を進め、その結果から中止する様に命じたそうです。

それにしても報道で言われている『1万人の参列者』とは少し、大げさな人数の様に聞こえるのですが。

記者会見でクオモ知事は、「式決行が事実であるかの調査を行った上での結論です。 式が行われる可能性が高いと判明しました」と述べ、「予定されていた1万人の参列者という大規模な結婚式は、集会禁止の規則に違反するものだ」と説明しました。

★ニューヨーク州では、50人以上が集まるイベントは禁止

ニューヨーク州では施設内で行われる宗教行事について、収容率33%が上限と定められているため、1万人は無茶な話です。

クオモの顧問であるエリザベス・ガーベイ氏は記者団に、結婚式には「1万人以上が参加する予定だった」と語った。

 

 

 

ニューヨーク市は人々を家に留まらせることで危機をなんとか抑えましたが、ここ数週間、特に正統派ユダヤ人の大規模なコミュニティがあるボローパーク地区では、COVID-19検査の陽性率が上昇しているとクオモ知事が述べていました。

クオモ知事は、シナゴーグ(ユダヤ教の会堂)の閉鎖を通告。

その後、正統派ユダヤ教らがブルックリンで集まり、ピースフルな抗議デモを行われました。(上の動画はその時の様子)

先週、クオモ知事はこれらの地区の重要でない事業の閉鎖を命じ、同時に寺院に入ることができる人数を10人に制限しました。学校も閉鎖されました。

クオモ氏は土曜日、対策は良い結果を示していると述べた。

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.