ガバナーズ島ウィンター・ビレッジ

 

ガバナーズ島ウィンター・ビレッジ

 

 

マンハッタンの南に位置するガバナーズ島が開放されるのは夏の期間限定でしたが、2021年11月1日から年中無休で利用が出来る様になりました。

12月17日にオープンする「ガバナーズ島ウィンター・ビレッジ」は、5,000平方フィートのスケートリンクが設置され、季節のアクティビティ、冬のイルミネーション、ゲーム等を楽しむ事が出来ます。

ガバナーズ・アイランド・トラストのクレア・ニューマン社長兼CEOは、「アイススケートや焚き火のそばでのホットチョコレートなど、『ガバナーズ島ウィンター・ビレッジ』は、あらゆる年齢層の来場者に寒い季節の楽しみを提供するとともに、初の冬のシーズンの素晴らしいキックオフとなるでしょう」と述べています。

スケートリンクは金曜日、週末、ニューヨーク市の公立学校が休みの日に営業となり、その他のアクティビティは週7日営業します。

ウィンター・ビレッジでは、スケートリンクに加えて、Blazing Saddles NYCによる自転車やソリのレンタルが可能となります。

その他にも冬のスポーツ、コーンホール、缶ジャム、ジャイアントジェンガなどの芝生ゲーム、焚き火台、冬の芸術文化プログラム、歴史的なColonels Rowに飾られたホリデー・イルミネーションなどの冬のアクティビティが用意されています。

また、ウィンター・ビレッジには、沿岸警備隊時代の消防車が展示され、魅力的な写真を見る事が出来ます。

 

ガバナー島へのアクセス

マンハッタンからフェリーで、週末はニューヨークフェリーでアクセスできます。

トラストフォーガバナーズアイランドが運航するフェリーは、ロウアーマンハッタンのサウスストリート(10 South Street )にあるバッテリーマリタイムビルディングから週7日運航しています。

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.