ニューヨーク、帰宅途中に14歳少女が顔を切られ重傷 

少女の顔を切りつけた容疑者の男

 

学校から帰宅途中に市バスに乗っていた14歳の少女が後に男に顔を切られ、一緒に居た17歳の少女の携帯電話が奪われる事件が起きました。

ニューヨーク市警によると、事件は火曜日の午後4時30分頃、セントニコラス・アベニューとウェスト191ストリートの近くをバスが走っていた時に起きた。

学校から帰宅途中にM191バスに乗っていた被害者のグループとは別に車内に乗っていた10代のグループの女子学生と口論となった。

警察によると、バスの中で口論は長くは続かなかった。がしかし、被害者の14歳と17歳はバスを降りた時に口論となったグループに囲まれ、17歳の被害者は携帯電話を盗まれ、14歳の被害者は、グループの中の一人の男に先の尖ったカッターナイフの様な物で顔を斜めに切りつけられ負傷しました。

容疑者らはその場から走って逃げて行ったが、監視ビデオに容疑者が映っていた事を確認し、警察は市民に写真を公開しました。

14歳の少女は病院に運ばれ、そこで顔の裂傷のために手術を受け、かなりの傷を負っているとの事。

ニューヨークの事件でよく耳にするのが、喧嘩になった相手がナイフやカッターを取り出してという切りつけた。という話があります。 そういつ奴らはいつもナイフなどを携帯しているので、危険なはずだと思います。

高校生位になると男子生徒は護衛のためにナイフを持ち歩いていると聞いた事がありますが、それも使い方を間違えると大変な事になりますね。

2020年2月14日

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.