米国の小学校8歳が手錠をされ逮捕、問題の動画

 

動画が撮影されたのは2018年12月。

当時8歳の小学生が教師に暴力をしたという理由で学校側が警察へ通報。

学校へ到着した警察官らの態度に問題があるとして、今月8月に公民権運動の弁護士がツイッターへ動画を投稿。

2020年8月になって流出した動画を見た母親が警察と学校側を訴えました。

手錠を掛けられるようとしている8歳の男児は泣いていている。

手錠を掛けようとした警察官だったが、子供の手が小さすぎて手錠は掛けられないと言い、諦めた。

Florida police tried to arrest this 8-year-old boy for battery, but his hands were too small for the handcuffs.

 

 

動画は警察官のボディカメラで撮影されたのですが、ビープ、ビープが多いと言う事は、放送禁止用語を使っていたのではないでしょうか。 もし、そうだとすれば、、、8歳の子供の前で使ってはいけないでしょう。
泣くな!男だろ!と言える年齢ではない。

まあ、黒人の男児でなかっただけ良かったかな、これが黒人の男児ならば、また”警察官はレイシスト”とでも書いたプロテスタ―たちの餌食にされる。

アンティファとか、11月の大統領選挙まで続くであろうから、聞いたり映像を観たりするとため息でますね。

 

2020年8月12日

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.