米ファウチ博士、ブロードウェイは来年の秋口にオープンの可能性

 

 

米国トップの感染症を研究する医師、米国立衛生研究所のファウチ博士が、ブロードウェイは、おそらく来年の秋口までに再びその明るい光を輝くことが出来るでしょう。と語っていた事がわかった。

ファウチ博士は、WNBCテレビのインタビューで、もし、コロナウイルスのワクチンが一般市民に利用可能になった場合、人々が春にはワクチン接種を受けることが出来る。

ニューヨーカーと米国全体が、夏の終わり、または 2021 年の秋口には、通常の状態に戻る可能性があると述べた。

ニューヨークは多くの観光客が来る街なので、おそらく国全体でワクチン接種を推奨するほかにない。

ファウチ博士は、平常時に戻る確率は、75% または 85 % の人々 がワクチン接種を取得する必要があるだろ。

ようするにワクチンを打ちましょうという話です。

ワクチン製造と販売は大きなビジネス、そして人々に安心を与えてくれるのがワクチン接種。

インフルエンザのワクチンを接種してもインフルエンザにかかるのはなぜ?

なんとなく分かるけど、という方へ分かりやすい説明してくれているサイトから引用しました。

下記の理由からだそうです。

 

インフルエンザにかかる時は、インフルエンザウイルスが口や鼻あるいは眼の粘膜から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは、次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンにはこれを完全に抑える働きはありません。 続きを読む>https://www.chikugocity-hp.jp/outline/magazines/_1240/_1687.html

 

イギリスのBBCは4月29日、<アメリカはコロナウイルス研究資金援助を中止した このプロジェクトはこれまで武漢ウイルス研究所と協力していた>と報道している。

https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200507-00177451/

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.