米国の首都はバグダッドのように占領された軍事地帯と化している

 

 

 

バイデンが、大統領就任に至るまでの数日間で、首都はバグダッドのように占領された軍事地帯と化しています。

実際、首都にはイラク、シリア、アフガニスタンを合わせた数よりも多くの米軍が駐在しています。

ワシントンDCのダウンタウンに出入りするための検問所に、武装米軍が配置されています。

隣接するバージニア州から市内に入るいくつかの橋は、就任式のために閉鎖されます。

 

 

ワイヤーで覆われたフェンスが、国会議事堂と最高裁判所の周りに建設され、ワシントンDCの政府の建物のある大部分が、車両の通行止めを行っています。

鮮明に映る防犯カメラも設置され、信用できない相手を即座にわかる様にするためです。

国防当局者によると、バイデンの就任式の警備に選ばれた軍人からの内部攻撃や、脅威を心配しているという。

この動画は、バイデンが、デラウェア州からワシントンDCに向けて飛び立つ瞬間です。

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.