新型コロナウイルス関連情報 (11月6日)

 

ニューヨークのコロナウイルス感染

 

11月5日の時点での陽性率が1.84%(3209件/16万705件)、入院者総数が1321人、死者数が18人となった事をクオモニューヨーク州知事が発表。

ウェストチェスター郡ポートチェスターにおいて感染者数が増加していることを受け、同地域をクラスターのイエローゾーンとして指定した上で、仮設の検査会場の設置を決定した。

検査会場の利用時間は11月7日(土)午前9時~午後2時、11月9日(月)・10日(火)午前10時~午後6時で予約制(914-995-7425)となっている。

 

なお、イエローゾーンに指定された地域、仮設の検査会場及び当該地域の規制等は次のウェブサイトでご確認になれます。

-イエローゾーンに指定された地域:https://www.governor.ny.gov/sites/governor.ny.gov/files/atoms/files/Westchester_New_Zones_11_03_2020.pdf

– 仮設の検査会場:https://apps.health.ny.gov/doh2/applinks/cdmspr/2/counties?OpID=11900360

– クラスターにおける規制や住所検索等:https://forward.ny.gov/

・11月4日、同日時点で累計1500万件のウイルス検査を実施したことを発表。引き続き、州民に対して検査を受けることを推奨。

 

(NJ州)マーフィー知事のメッセージ(11月2日~11月6日

・11月6日、1日の新規感染者数が2000人を超えており、引き続き、手洗い等の感染防止策を徹底するよう呼びかけ。

・11月4日、感染が拡大する他州から州内へ移動する者に対して14日間の隔離を求める勧告(Travel advisory)について、対象州にオレゴン、ワシントン各州が追加された。

同日現在の対象州は以下のとおり。

対象州(43の州と地域):アラバマ、アラスカ、アリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、ジョージア、グアム、アイオワ、アイダホ、インディアナ、イリノイ、カンザス、ケンタッキー、ルイジアナ、メリーランド、マサチューセッツ、ミシガン、ミネソタ、ミズーリ、ミシシッピ、モンタナ、ノースカロライナ、ノースダコタ、ネブラスカ、ニューメキシコ、ネバダ、オハイオ、オクラホマ、オレゴン、プエルトリコ、ロードアイランド、サウスカロライナ、サウスダコタ、テネシー、テキサス、ユタ、バージニア、ウィスコンシン、ウェストバージニア、ワシントン、ワイオミング各州

※近隣州である、コネチカット、ペンシルベニア及びデラウェア各州は対象州となる基準を超えるも除外。

NJ州HP:https://nj.gov/governor/news/news/562020/approved/20201104b.shtml

記事は、在ニューヨーク日本国総領事館からの注意事項より

 

2020年11月6日

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.