ニューヨーク ハロウィン 一般の家も飾りつけ

 

 

ハロウィンのクリーピーなパンプキンは、顔よりも大きなサイズの黄色いカボチャを彫刻刀で切ったり、専用のナイフを使ってくり抜いてハロウィン用のデコレーションとして家の前に飾ります。

 

 

 

パンプキンの自然な凸凹を利用して怖さを出すテクニックはさすが!

 

 

芝刈り機にひかれているパンプキン。

 

 

ロングアイランドで6年連続で行われているハロウィーンのイベント、ジャック・オーランタンズでパンプキンでランタンを作る女性。

 

 

ニューヨーク、マンハッタンに住んでいるすみえさんからのハロウィーンのディスプレイしている住宅の写真が届きました。 この写真の場所は、チェルシー周辺のタウンハウス。

すみえさんのコメント:このお家にすんでる人たちは、どこから入っていくのだろう?

 

 

街のあちらこちらでパンプキンを見かけます。 いよいよ明日、10月31日がハロウィーンです。

 

 

ご近所さんのハロウィンデコレーションが、前よりもすごくなってた。 マンハッタン、チェルシーにて。

 

 

数日前に見た時よりもお化けの数が増えていた。

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.