ブラック ライヴズ マター創立者の1人が、バイデン氏に票の見返りを要求

 

アフリカ系アメリカ人のコミュニティーに端を発した、黒人に対する暴力や構造的な人種差別の撤廃を訴える、国際的に活動している非営利団体の組織です。

 

(Left to right) Patrisse Cullors, Opal Tometi, and Alicia Garza.

 

このブラック ライヴズ マターは、アリシア ガーザ、オーパル トメティ、パトリッセ カラーズの3人によって、にせんじゅうさんねんに創立された非営利団体です。

純粋に黒人の命の大切さを訴え、黒人の命も重要であると抗議デモを小規模で行っていました。

 

 

 

 

翌年2014年7月、ニューヨークで起きた事件で、黒人男性のエリックガーナーさんを逮捕しようとしていた警察官らがガーナーさんを抑えつけ、ガーナーさんの首にチョークホールドをかけ、首を絞められガーナーさんは亡くなった。

武器を持たない黒人男性を警察官が殺害したとブラック ライヴズ マターが抗議を呼びかけ、市民がガーナーさんを敬い、ブラック ライヴズ マターの抗議デモに多くが参加。

その後、ブラック ライヴズ マターは一般に知られるようになった。

続きは映像で説明されています。

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.