バイデン政権移行チーム、国防などが非協力的で無責任

 

ワシントンタイムによると、大統領選で勝ったと言われている、ジョーバイデン氏は、現在行われている、政権移行過程で、トランプ政権は、無責任だと発言しています。

12月28日、バイデン氏は、次期外交政策および、国家安全保障チームのトップメンバーとの会議を経て、デラウェア州のウィルミントンで、記者会見をおこないました。

会議では、国家安全保障および、国土安全保障長官の候補者を含む、国家安全保障および防衛チームのメンバーと顧問、および次期国家安全保障顧問から説明を受け、そのあとにバイデン氏は記者会見でつぎのように述べました。

バイデン氏の発言の中で、国防総省と行政管理予算局を批判しています。

バイデン氏は次のように記者団に述べました。

2つの政府機関が、次期大統領の移行プロセスに協力していない。

いくつかの機関からの協力を得ているが、新しい米国の政権チームは、国防総省と行政管理予算局からの障害に直面している。

私たちは、主要な国家安全保障分野で、必要な全ての情報を入手している訳ではない。

私の見解では無責任に他ならない。

彼らの多くは、人員、能力、士気の面で空洞化している、とバイデン氏は述べました。

それらはすべて、脅威が絶えず進化し、敵が絶えず適応している世界で、私たちの重要な利益を守るために、私たちの政府が、アメリカ人を保護する事を難しくしています。

先週、バイデン氏は、国防総省が「多くのことについて私たちに説明することすらしない」と述べ、このため、トランプは多くの政府システムを侵害した、最近のサイバーハッキングの全範囲を、完全に理解していなかったと述べています。

クリストファー・ミラー国防長官代行は、月曜日以降の声明で、米国国防総省は、400人以上の職員に、164回の情報確認を行い、5,000ページ以上の文書を提供した。

これは、バイデンの移行チームが当初要求したよりはるかに多い。とミラー氏は述べています。

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.