火災原因は「赤ちゃんの性別発表パーティーの花火」米カリフォルニア南部で山火事

 

 

 

9月5日土曜日の午前10時30分前、米カリフォルニア州、南部のサンバーナーディーノの東に位置するエルドラドで発生した山火事は、約3000ヘクタール以上が燃えました。

周辺の住人達は火災が発生後に避難が命じられ、多くの住人が余儀なく避難する事となりました。

米国は祝日前の週末で、多くの住人が家族と一緒に楽しい時間を過ごしていましたが、この山火事で最悪な週末を迎える事となりました。

消火活動は、消防隊員600人以上が出動し、3基の固定翼航空機、6基のヘリコプターとともに火炎と戦っていました。

消防当局の調べによると、火災の原因は性別発表パーティーで使われた発煙花火装置によって引き起こされたものだ。と述べ、火元の責任者に対し、過失または違法行為による出火の責任は重く、経済的責任と刑事責任を負う可能性がある」と警告しました。

 

 

性別発表パーティーは、妊娠中に胎児の性別を知らせるパーティーで、性別に合わせて色を分けている事が多く、ピンクや青の煙が出る花火が使われることもあります。

2018年にアリゾナ州で今回と同じく性別発表パーティーの花火の事故が起こりました。

乾燥した木々に引火し、大規模な山火事となった日の実際の映像が上のユーチューで観れます。

この山火事は、非番の国境警備隊員が起こした些細なミスで、約800万ドルの損失火災となり、この無謀さに対する男性への損害請求は、5年間の保護観察と10万ドルの前払いの賠償金を要求され、今後も他に賠償金の支払いを命じられています。

#山火事 #カリフォルニア山火事

 

2020年9月8日

 

米CA州の山火事、サンフランシスコ、ベイエリアの北部に位置するナパ郡

 

 

 

チャンネルのご登録お願い致します!

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.