ニューヨークで無料HIV検査・非営利団体「APICHA 」

 

 

ニューヨーク市で、エイズの検査を行いたいけれどどこへ行けばいいの? と考えている方は、ニューヨークのマンハッタンにある「APICHA」という非営利団体で無料検査を受ける事が出来ます。

APICHA(アピチャ)では完全無料のエイズ検査・性病検査を行なっています、また無料の検査カウンセリングを受ける事が出来ます。

APICHAとは? Asian & Pacific Islander Coalition on HIV/AIDSの略名です。

日本人を含むアジア人、太平洋諸島民のために特化したHIV/AIDSに関連するサービス、教育、リサーチを行なっている非営利団体です。

アピチャのHIV検査サービスを受けた人で、HIV陽性反応が出た場合は専門知識のあるアピチャのスタッフが適切なクリニックや薬、また経済的に不安定で薬を買えない人への福祉サービスなどを紹介してくれます。

※アピチャではHIV陽性の方のための無料の医療サービスもあり、また治療、生活面、法律面にもアジア系のケースマネージャーがサポートします。

人種、性別、性的指向、移民ステータス、国籍、宗教または信条に関わらず、どなたでも無料でうけることができ、また秘密は絶対厳守されます。

無料の検査は血液検査(Rapid OraQuick、結果30分以内)と唾液検査(OraSure、結果1週間後)で、すべての検査は完全予約制です。

※この検査は両方とも精度99%です。

HIV(後天性ヒト免疫不全ウイルス)はAIDS(後天性免疫不全症候群)の原因となるヒトの免疫機能を攻撃し著しく弱くするウイルスです。

 


画像:http://www.canapi.org/

 

コンドームなどを使わないセックス、例えばオーラル(口)、腟 (女性器)、アナル(肛門)や、麻薬・ホルモン剤を摂取する注射針を他人と共用することによってHIVに感染することがあります。

また母体が妊娠中、分娩時に胎児への感染、母乳からの感染もあります。HIVは感染者の次の4つの体液により感染します。

★1. 血液 2. 精液(先走り汁も含む) 3. 腟液4.母乳 上の4種類の体液が体に入ってしまうのを防ぐことが大事です。

★コンドームは避妊用具であるだけでなくHIV/エイズ・性病から体を守ってくれるとても 効果的な物です。セックスの際には必ずコンドームを使うことを心掛けましょう 現代の医療の進歩によりHIV感染とエイズはもはや「死の宣告」ではなく慢性の病気であり、薬、規則正しい生活を送る事によってHIVに感染していながら普通の人のように生きることができます。

★早期発見がベストです。自分のHIVステータスを知ることによって今後の自分への感染、そして他の人への感染も防ぐことができます。洗濯物が乾くのより早くて簡単な無料のエイズ検査をみなさん一度受けてみませんか。

★マンハッタンにあるAPICHAでは無料・秘密厳守のエイズ検査・関連サービスがあります。 APICHA (アピチャ)はチャイナタウン、Canal Street (地下鉄 6, N, R, W, Q, J, M)から徒歩3分です。

APICHA (アピチャ)はマンハッタンのチャイナタウンにあります。

最寄り地下鉄駅

Canal Street  6, N, R, W, Q, J, M から徒歩3分 (グーグルマップ)

血液検査 月曜、火曜、金曜 9:30AM – 5:30PM

水曜日   9:30PM – 7:00PM

木曜日  9:30AM – 6:00PM 唾液検査

月曜から金曜日  エイズ、性病などの質問、悩み、検査予約はオンラインで出来ます。

米国に住んでいなくても検査、相談可能です。

400 Broadway, New York, NY 10013
212-334-7940
1-866-2429 (1-866-APICHA.9)

web: www.apicha.org

 

 

 

こんな記事も読まれています

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.