ニューヨークの強盗事件、自閉症の少年が襲われる

 

 

マンハッタンで自閉症の14歳の少年を2人の大人の強盗犯が襲った事件で、1人の男が逮捕された後、警察は2人目の容疑者を捜索しています。

警察によると、強盗は金曜日の午前11時30分頃にロウアーマンハッタンのラファイエット・ストリートで起こったという。

警察が検証した防犯カメラの映像では、犯人の1人が少年を足場のポールに固定し、もう1人が少年の持っていた鞄から何かを盗む様子を示しています。

犯人らは犯行最中に繰り返し少年の顔を殴っていた。

男は少年のジャケットと財布が入ったショルダーバッグ、現金4ドルと携帯電話を盗んで逃走した。

少年は軽傷を負ってダウンタウンの病院に運ばれ手当てを受けました。

犯人らは現場から立ち去ったが、容疑者の1人、35歳のチャールズ・デステファノは、金曜日の午後に逮捕されました。

捜査官はもう1人の容疑者を探しています。

 


 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.