米司法省がグーグル独占法違反での疑いで提訴、11州が提訴

 

 

世界規模の検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業を展開する世界のグーグルは、インターネットを使うわれわれにとっては無くてはならない存在です。

米国司法省と11州の司法長官は、20日火曜日にアルファベット社の傘下にある米グーグルに対して反トラスト法違反で訴訟を起こしたと発表しています。

そのグーグルが検索と広告で、市場支配力を乱用したと米国の司法省は主張しています。

グーグルが独占法違反で起訴される話ですが、イギリスの著名な予言者で心理学者のクレイグ・ハミルトン・パーカーさんがグーグルについて予言していた事が現実味を帯びている様です。

2020年10月、グーグルは独占法違反で起訴された後に事業分割となる。とパーカーさんは今年の春に予言していました。

また、2020年の米大統領選挙は、トランプ大統領が再選すると予言しています。

パーカーさんは、この選挙はとても重要な選挙となり、左派か右派に分かれるであろうと話していました。

また、2016年の米大統領選挙では、多くの報道機関がヒラリークリントンが優勢と伝えていた中でもパーカーさんはトランプ大統領の当選を予言していました。

 

 

パーカーさんによると、トランプに対して攻撃する多くのネガティブな話が蔓延するが、最終的には彼の業績は多くの国民に理解されて支持される事となる。

また、トランプ大統領を裏切る側近が出てくる、その人物は、元ニューヨーク市長のルディー・ジュリアーニ氏だと名指しで述べています。

これはあくまで予言の話となりますが、気に留めておいて下さい。

さて、問題の訴訟問題ですが、コロンビア特別区の米国地方裁判所に提起された57ページの訴訟状によりますと、グーグルがその優位性を利用して消費者に危害を加えているというものです。

広告収入を利用し、スマートフォンの端末メーカーなどに多額のお金を支払い、独占的な検索を行える様に新品の携帯電話を購入した消費者が当初から設定されている閲覧ソフトはグーグルであり、それはデフォルトである事を確認したと主張しています。

「グーグルは市場の競争で、排他的慣行を通じて独占りょく維持してきた」と司法副長官のジェフリー・ローゼンは記者団との電話で述べたそうです。

 

 

 

ブルーデータ ニューヨークの格安語学学校

Comments are closed.