Alphabet City アルファベット シティ

 

アルファベットシティと呼ばれる理由

アルファベット シティは、マンハッタンのイースト ビレッジにあるエリアです。その名前はアベニュー A、B、C、および D といった通りの名前に由来します。

アルファベットシティ、これらはマンハッタンで唯一、一文字の名前を持つアベニューです。

アルファベット シティはイースト ビレッジの一部で、北はグラマシー パーク、南はローワー イースト サイドに挟まれています。その面積は小さいですが、カウンターカルチャーの時代から引き継がれた独特の雰囲気があり、イーストビレッジが好きな若者の多くはアパートをシェアして住んでいます。

もっと分かりやすくいうと、アルファベットシティは、Houston Street と East 14th Street の間、南と北に位置しています。

 

 

アルファベット シティでは、1990 年代から 2000 年代初頭にかけて、この地域の家賃の上昇と犯罪率の低下により、改装されたアパートと多くのレストラン、小売店、ナイトクラブが放棄された店先に取って代わりました。

多くの場合、イースト ビレッジの一部と見なされるマンハッタンのアルファベット シティは、豊かでユニークな、時には問題を抱えた歴史を持つ地区でしたが近年、家賃の高騰で移り住む人の年収が高くなるのと比例して、犯罪率も低下し、アルファベットシティも住みやすくなっています。

 

アルファベットシティ・イーストビレッジ

イースト ビレッジに住むことで、居住者は密集した都会的な雰囲気を味わうことができ、ほとんどの居住者は家を借りています。イースト ビレッジには、バー、レストラン、コーヒー ショップ、小さ目の公園が沢山あり、散歩に出掛けた途中に公園で休憩する事が出来る素晴らしいエリアです。

 

アルファベットシティ:その歴史の中で、ドイツ、ポーランド、プエルトリコからの移民人口の密集したエリアでしたが、今日では、コミュニティ ガーデン、カラフルなストリート アート、グラフィティで知られています。

アベニューC(Avenue C) はロイサイダ アベニュー(Loisaida Avenue)とも呼ばれ、「ローワー イースト サイド=Lower East Side」の略式で呼ぶ人もいます。

 

 

地元の人々と観光客の両方に対応するバーやレストランが沢山あるのんびりとしたエリア。

マンハッタンやブルックリンで働く人々にとって便利なエリアですが、ヒップなエネルギーが溢れる芸術的な街でもあります。

 

 

アルファベット シティにもプロジェクト(低所得者用の市営住宅)が建っていて、昔は用心深く歩いたものですが、最近は人の流動と高級化に変化したせいか、かなり安心して歩ける町です。

マンハッタンで危険なエリアは2022年の時点でかなり数少なくなっていると思われます。 ただし、夜間はどこのエリアでも気をつけて歩いて下さい。

米国で最初の公営住宅プロジェクトのいくつかは、1935 年にアルファベット シティに建設されました。これにより、特にプエルトリコから、さらに多くの移民コミュニティが集まり、今となります。

その後、50 年代と 60 年代は、作家、詩人、その他のアーティストがこの地域に集まっていた頃、とても静かなエリアだったそうです。 アラン・ギンズバーグやグレゴリー・コルソのような人々が短期間そこに住んでいました。

 

カウンターカルチャー

1960 年代初頭から 1970 年代にかけてのカウンターカルチャー運動は、ベトナム戦争、商業主義、社会規範の確立全般に反対する「ヒッピー」として知られる人々のグループを分類しました。

 

 

About Author

Related Post