ウォール街の銅像「チャージング・ブル&ガール」

 

 

ウォール街の象徴、雄牛のブロンズ像=チャージングブルは記念撮影をして大人気です。

ブルは金融用語でブル・マーケット(勢いがあり、楽観的な繁盛市況の上昇相場)の象徴として世界の金融エリアと言われているウォール街の地域に置かれました。

ブルの重さは3,200キログラム (7,100 lb)、高さは11フィート (3.4 m)で長さは16フィート (4.9 m)。

 

 

雄牛を睨みつける「恐れず睨みつける少女の像」が国際女性デーに登場。

2017年3月に上の写真の「恐れず睨みつける少女」の像が登場し、当時は両方の像と記念撮影する姿を多く見かけましたが、1年過ぎた今、昔からあった雄牛との記念撮影する人が多い様です。

金融会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザースのアン・マクナリーさんは、この少女像設置の目的は、企業の役員会の女性比率の低さや、金融業界における女性の給与の不平等に注目を集めるためだと説明する。(ロイター)

 

 

2018年3月、少女の像は近くの別の場所へ移動が決定しています。 雄牛の重さは3200キロ、雄牛を移動となるとそう簡単ではありません。と現市長のビル・デブラシオ市長は少女の像の移動が決定した事を伝えました。

 


最寄り地下鉄駅はBowling Green駅で ニューヨーク地下鉄4番 ニューヨーク地下鉄5番 ニューヨーク地下鉄2番 利用します。

 

ニューヨーク留学なら語学学校選びから

ニューヨーク掲示板:ルームメイト募集から仕事探しまで

ニューヨークの日本語が通じるゲストハウス

 

ニューヨークの人気イベントでニューヨークをさらに楽しむ

ニューヨークの観光見所、市内観光からナイアガラの滝まで

 

こんな記事も読まれています

Comments are closed.