ニューヨークについて

米国から日本へ送金・国際マネーオーダーを送る

 


国際マネーオーダー(国際為替小切手)

 

日本へ金融機関を通じて送金する方法として銀行から日本の銀行口座へ送金する方法は昔から使われていますが、それと同じ位に昔から存在するのが、米国内の郵便局発行の国際マネーオーダー=International money ordersです。

国際マネーオーダー(国際為替小切手)の作り方は、米国の郵便局窓口へ行って作ります。

1、郵便窓口で、インターナショナル・マネー・オーダーを作りたい、ジャパンへ送りたいと伝えます。

2、次に国際マネーオーダーの金額を伝えます。

3、小切手を作る前に支払いをします。支払い方法は現金とデビットカードのみ。

※クレジットカードでの支払いは不可。

●マネーオーダー1枚の上限金額は700ドルまで(700ドル以上は2枚作成)

●1枚作成手数料が8.25ドル 2枚作ると16.50ドル

◆金額が2999ドルまでは、身分証明書の提示は必要ありません。

◆1度に総額3000ドル以上の国際マネーオーダーを作る場合は、写真入りの身分証明書が2種類必要です。

それは米国政府に登録する義務づけられていて、郵便窓口で指定の書類に名前と住所やその他の必要事項を書きます。

●国際マネーオーダー(国際為替小切手)には期限はなくいつでも換金出来るのがメリットです。

●日本の本局郵便局の銀行窓口でその日のレートで換金出来る。

 

国際マネーオーダーを発行したらやる事

 

国際為替小切手見本 米国郵便局発行のインターナショナルマネーオーダー
切り離した片方、写真は日本で換金する方

 

1、小切手を手にしたら、その場で小切手の振出人の名前と住所、受取人の名前と住所を書いて保管する様にして下さい。

2、次に小切手を切り離します。 片方は日本で換金するために必要です。 もう片方は控えですので必ず保管します。

紛失した場合は、郵便局へ控えを持って行き、紛失した事を伝えて払い戻しをして貰えます。 払い戻しには手数料が掛かります。

 

※日本の郵便銀行窓口でマイナンバーなどが必要となりましたので必ず持参して下さい。
また、日本に住んでいる外国人の方が日本で換金する場合は最寄りの郵便局本局で確認して下さい。

◎日本以外の国へ送りたい場合はこちhttp://pe.usps.comをご覧ください。

 

 

Comments are closed.