セント・パトリック大聖堂

 

 

セント・パトリック大聖堂は、ニューヨーク市のマンハッタンの5番街(5アベニュー)と50ストリートの角にある全米で最大規模のカトリック教会です。 1年を通じて多くの人が訪れる大聖堂です。

建築家ジェームス・レンウィックが手がけ1879年に完成し、その後尖塔などが増築されました。

教会の窓のステンドグラスは見る価値のある美しい装飾品で、宗教との関係がない人もこの教会を訪れ、美しさを見て感動しています。

セント・パトリック大聖堂は、アイルランドの守護聖人である聖パトリックをまつったローマカトリックの教会。

 

 

ニューヨークのセント・パトリック大聖堂は、夜間以外の平日午後6時半まで、週末は午後5時まで中に誰でも自由に入れます。

教会のある場所は高級ブティックが並ぶ5番街、ロックフェラーセンターの向かい側、そんな街並みとはがらっと変り一歩中へ入ればロウソクが灯されいて、静かで街のど真ん中に居るのを忘れてしまいます。

天井近くまである両サイドの窓のステンドガラスの装飾が見事です。

 

 

写真提供:新婚旅行にNYを選んだという石原様夫妻より

 

セントパトリック教会への最寄り地下鉄駅は、

47th-50th Sts – Rockefeller Center Station(ロックフェラーセンター駅下車)


 

 

おすすめ格安アメリカ国内格安現地ツアー
車で走り、船に乗り、上空からじゃヘリコプターのグランドキャニオン
サフランシスコからヨセミテ、グランドキャニオン4日間の旅278ドル

 

 

 

こんな記事も読まれています

Comments are closed.