ニューヨークについて

ニューヨーク地下鉄で歌う驚異の歌声、マイクさん

 

 

ニューヨークの地下鉄のホームや時には電車の車両の中で歌い続けるニューヨーカーのマイク・ヤングさん。

マイクさんが地下鉄のホームで歌っている姿を誰かが携帯電話で撮影し、その動画をYouTubeにアップロードした瞬く間に大反響となり、彼の歌声は神の声とまで言われる様になりました。

 

 

大反響となったYouTubeの動画を見たマイクさんの歌声を聞いた人気オーディション番組のAmerica’s Got Talentの関係者が、マイクさんをスカウトしたのでした。それが2番目に紹介しているYouTube。

America’s Got Talentと言うと出演者は満ち溢れる才能と光る物を持っている人が審査員の目に止まればプロにデビューしたり、賞金も半端なく高額で1億、さすがアメリカの人気テレビ番組だと言えます。

 

 

そしていよいよマイクさんは、この番組に2017年、初めてステージに立って歌う事になったのでした。その時の映像が上のYouTubeです。

とてもカジュアルな服装でステージに挑みます、審査員のサイモン氏がマイクさんにこう尋ねます。

「何歳ですか? 仕事は何をしているのですか?」と尋ねる場面があり、マイクさんはこう言います、

50、、何歳か、、(笑) ニューヨークの地下鉄で大よそ37年間、歌い続けています。と言い、会場を沸かせます。

37年と聞いた審査員の1人が、37年間!それは凄い事だと褒めます。

続けてサイモン氏が「では良くない点は?」(ニューヨークの地下鉄で歌う事に関して)と質問します。

するとマイクさん「月、火はそんなに稼げないんだ、でもね、木、金になれば稼げるんだよ、それでとんとんさ」。 地下鉄が街頭で歌ったり踊ったりする人はチップを稼いでなんぼのもんだと良く言われている通り、マイクさんの気の効いたポジティブな返事にまたまた会場もサイモン氏へも笑いを注ぐ。

さすがニューヨーカーのマイクさん、場慣れしたその返答はセンスがあります。

もう一つ、注目したいのはマイクさんの演奏をするギターリストは日本人男性です。

マイクさんが歌った後はスタンドオーベーションが湧き上がる。

さて、そのマイクさんは、今でもニューヨークの地下鉄で歌っているそうです。

マイクさんへの応援、アルバムを出したいという夢を叶えてあげたい方へ下のリンクから寄付をお願いしているそうです。 https://www.gofundme.com/mikeyungnyc 

マイクさんのオフィシャル・ツイッター:https://twitter.com/thedaddykang

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

Comments are closed.