カフェ&デザート「メゾン・カイザー」NYミッドタウン

 

 

パリを拠点に世界と広がり、店舗展開しているメゾン・カイザー」。 パン職人のカイザー氏の魔法の手で作り出されるパン、そしてデザート全てが本当に素晴らしいのよ。とパリの人が話している様子の動画を字幕付きで見た事がある。

「メゾン・カイザー」は日本にもお店があり、ニューヨークにもあり、フランスのパンやデザートが買えるお店として人気もあり、知名度も定着したお店です。

 

 

甘い系のパンが好きな人ならば、アーモンドクロワッサンがボリュームもあるし、甘さも丁度良くてお薦めです。

私はクロワッサンが大好きで、クロワッサンの味比べをしては自己満足で評価しています。 「おいしい」という感覚は本当に人それぞれだと思っているので、試しに食べてみる。程度で1度、食べてみて下さいませ。

 

 

グランドセントラル駅から歩ける距離、45校目と46丁目の間、3アベニューにあるミッドタウンの「メゾン・カイザー」のカフェでコーヒーを飲みながら、夕暮れの時間を過ごしました。

 

 

ニューヨークは雨のためか、店内はあまり混雑もしていなかったですが、パンやケーキを買って帰る人が多かったです。 ミッドタウンと言う場所柄、オフィスが多い。

会社の近くで仕事帰りに同僚とお茶をして行くという人は、少ないのでしょうか?

 

 

アーモンドクロワッサン、おいしい。💓

 

 

季節のフルーツを使ったケーキは大人気です。

 

 

「メゾン・カイザー」、数多くの賞を受賞して来たエリック・カイザー氏のパンは世界中が認めている。 パンでここまで世界へ進出成功されたって、本当に凄いとしか言い様がない。

フランスの伝統的な製法を守り続けてこの味を世界中の人へ届けている、それはやはりエリック・カイザーさんの情熱の何物でもなく、ここまでやって来られたのだと思います。

 

add7.net 

 

Maison Kayser
685 3rd Ave, New York, NY 10017
月~金 6:30 am – 9:00 pm
土&日 8:00 am – 8:00 pm

 

あんパン木村屋の御曹司が、メゾンカイザー開いたワケ
ブーランジェリーエリックカイザージャポン社長 木村周一郎氏

 

ブルックリンハイツにて「春のチューリップ」。

 

 

こんな記事も読まれています

Comments are closed.