Union Fareのべーカリー・人気のクロワッサン

 


パテシエのThiago Silvaさん

 

14丁目のユニオンスクエア―近くにあるフードコート”ユニオン・フェア=Union Fare Gastrohall And Bakery”の中に入っているパン屋さん「Gastrohall And Bakery」のクロワッサンが継続して人気商品となっています。

クロワッサンと言えばバターの風味でパイの様に重なったパン生地がクロワッサンだと思っていたのですが、ここのお店のクロワッサンの中には、クリームが入っているのが特長です。

 

 

中のクリームとトッピングに合わせて名づけられた名前は、バースデイケーキやレッド・ベルベットと言ったケーキの名前など。

値段は1個が5ドルでけっしてパン1個の値段と考えると安くないです。 ここはニューヨーク、何を見ても物価が高いです。

 

 

ショーケースに並べられたクロワッサン

 

 

でもなぜここまでこのクロワッサンが売れるのでしょうか?

私が感じる事は、まずニューヨークで買えるおいしいパンが少ない事。 あともう1つは商品の派手さがあって、話題性が高い事かもしれません。

このお店で売られているクロワッサンはトッピングもさながら従来のアメリカにある甘いクリームを程よい甘さに調節している所も売れたと思います。 日本の味に慣れている方は、クリームが甘すぎるかもしれません。

 

 

Fruity pebble croissant フルーティーなトッピングとクリーム

 

ベッド・ベルベット、とても微妙な表現ですが、中のクリームはホワイトチョコとクリームチーズ、そしてサワークリームを混ぜた様な味。

日本のパン屋さんとフランスのパン屋さんは味のレベルが高水準ですのでニューヨークの”おいしい”と日本の”おいしい”レベルは少し違って来ます。

 

Union Fare の場所

6 E 18th St, New York, NY 10003

こんな記事も読まれています

80%
Awesome
  • Design

Comments are closed.