ニューヨークについて

NY ダンボで蚤の市・ブルックリン・フリー・ダンボ

 

長く続いたウィリアムズバーグのブルックリン・フリー(Brooklyn Flea)は場所を移動し、ダンボで行われています。

その名は「ブルックリン・フリー・ダンボ」

以前のブルックリン・フリーと比べると狭くて、規模も小さいし、出店の数も少ない。 でもそんな事は言ってられないよ。とベンダーや古着大好きな人達。 ダンボでオープンしてくれて良かった。という声も聞こえる。

 

中華豚まんの皮に挟んで食べるバン。 1個6ドルかあ、買わないなと思わせる微妙な値段。

 


ブルックリン・フリー・ダンボ

最寄り駅は

ニューヨーク地下鉄路線マップ>>http://web.mta.info/maps/submap

名称:Brooklyn Flea DUMBO ブルックリン・フリー・ダンボ
場所:Manhattan Bridge  – 80 Pearl St.
開催時間:日曜日の午前10時~午後6時まで

 


以前のブルックリン・フリー

以前のブルックリン・フリーは、イーストリバーが見えるウィリアムズバーグの広い空地で行われていましたが、ウィリアムズバーグの開発が進み、あの広い空地を蚤の市として使用するには採算が合わなくなった様ですね。

リバービューのコンドミニアムを建てる方が何百倍もの収益となる事は誰が考えてもわかる事ですよね。

 

昔のダンボ ブルックリン
大昔の風景
今から30年とか40年前は、ウィリアムズバーグもダンボも工場地帯で夜は近寄っちゃあ危険な場所として扱われていたので、その頃に土地や建物を買った人は長期の宝くじを買い、当たりくじをひいた様なものだと思います。 それはニューヨーク市内の多くの場所で言える事かもしれません。

 

 

 

こんな記事も読まれています

Comments are closed.