ニューヨークadd7


ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)

ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)は、ニューヨーク市のマンハッタン島南端付近とブルックリンを結ぶ橋。 橋には歩道とサイクリング用の道が舗装されているのでマンハッタン、摩天楼を見る事が出来る。



ブルックリン側からマンハッタンへ向いて歩いて行く途中。時間はゆっくり歩いても約20分ほどでマンハッタンへ渡れます。



ブルックリン側からマンハッタンへ渡ると摩天楼が身近な距離で全貌できる。この写真はブルックリンのダンボ周辺から撮った写真。



写真を撮るのにお薦めの場所は橋の中央付近です。ダウンタウン、ウォールストリートやワールドトレードセンターが見えます。 ウォールストリート周辺のホテルはいったい幾ら?



橋の真ん中あたりに差し掛かる所にベンチがあるので多くの人が休憩をしています。



米国でもっとも古い吊り橋の一つであり、同時に鋼鉄のワイヤーを使った世界初の吊橋でもある。14年の歳月をかけて1883年に竣工・完成。

同年5月24日に開通し、開通初日には15万人もの人がこの橋を渡りました。この橋は 2層に分かれていて、現在でも上層は人や自転車が歩いて渡ることができる。下層は片側3車線の車道である。

ブルックリン橋はゴシック風のデザインともあいまってニューヨークの観光名所のひとつになっており休日にはよく橋の上をランニングする人々を見ることができる。 1903年に上流のウィリアムズバーグ橋ができるまで世界最長。(Wikipedia より)




ブルックリン側からマンハッタンに到着。



マンハッタン・ブリッジ(写真奥)と並ぶように位置しています、イーストリバーの上に架かっています。長さは1,834m、中央径間は486m。

なお、マンハッタンからイーストリバー下流にかかる3本の吊り橋の順序は、下流(南)からBMW(ブルックリンブリッジ、マンハッタンブリッジ、ウィリア ムスバーグブリッジ)と記憶するという方法がある。(Wikipedia より)





  • はてなブックマークに追加



↑ PAGE TOP